2006/07/21

リハビリ中止に 思うこと。

新聞の 見出ししか みてなくて
リハビリが 中止の ことに ついて
ぜんぜん 調べて いないのだけど
どうしても 書きたくて。

福祉の勉強を してる 途中の
どまん中だけれど、
教科書が すべてでは ないけれど
勉強を はじめる前と 今とで
かわったことが たった ひとつだけ ある。
それは、
新聞で 記事になる たくさんの
「切り捨て」だと いわれる 書かれる
たくさんの ことは、他の国では
とっくに おこなわれているモノ が
多いってこと。

わたしは リハビリに かよって いないけど
いないから 
生活の すべてが リハビリに なる。
子どもの 時の リハビリだって
最初の 最初は 先生が やるけど
そのあとは 家で どうしたら それを
訓練を リハビリを つづけられるか
それを おぼえるのが 家族と
本人の しごと だった。

事故や けが。
高機能に 後遺症。
いろんな とつぜんの 病気で
家族の人は リハビリの ことを
おぼえようって 気持ちにまで
なれないのかナ?
その方が 問題なのだと 思うんだよ、
ごめんなさい。

署名を あつめて
どんなに こまると いっても
それじゃぁ その 経費は 予算は
どこから もって くるのだろうって
わたしは そっちが しんぱいに なってしまう、
ごめんなさい。

ほんとうに ほんとうに
病院に かよわないと できない リハビリが
何ヶ月も あるのなら
それの 方が 問題だと 思ってしまうの、
ごめんなさい。

ノーマライゼイションを
自立を
自分らしく を さけぶなら
めざすなら
病院から 自立する 方法を
考えるのだから
リハビリ中止は それは それで
あっていると 思うの、
ほんとに ごめんなさい。

国に お金が ないのだよ。
税金も とられたくなく
医療費も とられたくなく
それじゃあ どうするの?って
おもって しまうの。
ごめんなさい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)